配食ねっとコラム
更新日:2017.3.6

高齢者の誤嚥性肺炎を予防するには、お口の健康から!?

日本人の死因トップに長年、君臨している「肺炎」ですが、
高齢者の場合「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」という、
食べ物や唾液などが肺に入ってしまうことでおきる肺炎の割合が高くなっています。

誤って飲み込んでしまった食べ物に歯周病の菌が付着していると、
「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」を発症するリスクが高くなると、最近の研究でわかってきました。
このことから、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を予防、また発症のリスクを下げるために、
口内環境を清潔に保つことを心掛け、歯周病菌を減らすよう普段の生活の中で気をつけてみましょう。

特に寝たきりの高齢者は免疫力も低下しているので、
ご家族の方が率先して、口の中を清潔にしてあげましょう。




口内環境に日頃から気をつけることで、誤嚥性肺炎のリスクを下げるだけでなく、
体の不具合などに早く気がつくことができます。
歯周病や骨祖しょう症などを発症しているときは、体の免疫力が下がっている可能性も考えられるので、
歯周病の治療から病気を早期発見できる場合もあるのです。

歯周病のない、健康な歯、口内を保っていれば、食事をいつまでもイキイキと楽しむことが出来ます
しっかり食事を摂れることは健康維持や楽しみに繋がりますよ!
配食業者を検索する
このサイトの使い方
配食サービスとは
配食業者の上手な選び方
よくあるご質問
配食エリアをリクエスト
お気に入りリストを見る

配食ねっとコラム

配食ねっとFacebookページ

配食業者の皆様へ

配食ねっとに登録して
貴社情報を掲載しませんか?
献立情報やスマートフォンサイト
での情報発信も可能です。

詳しくはこちら
ID :
PASS: